サイトメニュー

費用と評判の治療方法

診察

女性は男性の2倍

受付で保険証を提示すれば、一般の人なら3割負担で済みますから、鬱病治療の初診代は概ね5,000円から6,000円前後です。もしも抗鬱剤などが処方されない場合は薬代が要りませんので、診察だけなら3,000円前後になります。次回以降は初診料が不要になるため、初回より1,500円ほど安くなる場合が殆どです。ただしどんな薬が処方されるかは症状によって違うため、2週間に1度の通院でも、薬代として1回あたり5,000円程度掛かるケースがあります。特に新薬は値段が高いので、ひと月に6,000円から10,000円程度を目安にしておくと良いでしょう。特許が切れた薬であれば後発医薬品が供給されている場合がありますから、精神科医にジェネリック医薬品への変更を申し出るのも得策です。有効成分が一緒でありながら薬価が安いため、鬱病治療でも人気になっています。また、薬では症状が改善できない場合や、薬に頼らず治したい人に評判なのが、TMSとも呼ばれる磁気刺激治療です。費用は1回につき10,000円から20,000円台のクリニックが多く、治療回数は医師と相談して決めます。入院が不要となっており、出勤しながら鬱病を治せることも高く評価されているのです。好きだったことに関心を示さなくなるのが鬱病の基本症状であり、たとえ無理に行ったとしても、以前のように楽しさや喜びを感じられません。また、記憶力が下がる場合も多いため、無気力感と合わせて忘れっぽくなった時は、精神科を受診しておくと良いでしょう。そして、女性は男性より鬱病に罹りやすいとされており、患者数も概ね2倍となっています。とりわけ更年期の時に急増することが厚労省の調査で明らかにされているので、その年代の方はメンタル的な体調管理も大切です。更年期の鬱病発は女性ホルモンが関わっていますから、閉経でその影響を受けやすい女性が発症しやすくなっています。さらに、更年期の時期は親の介護が始まる頃でもあり、子供が独立した場合は喪失感も重なるなど、何かと鬱病を招きやすいタイミングなのです。更年期の体調不良から鬱病に推移することも珍しくないため、症状を自覚した時はメンタルクリニックなどでご相談ください。家庭を守る主婦は家事を優先してしまいがちですが、その間も症状が進むことを基礎知識として押さえ、早期治療に取り組みましょう。心の症状を治すなら精神科医が専門で、ストレス由来の身体疾患は心療内科医が専門なので、症状に合わせて受診先を選びます。そのほか、女性の場合は女性ドクターが診てくれるクリニックを探すことも、押さえておきたい豆知識です。

レディ

同じ病気でも違う病状

鬱病は抑鬱、双極性障害、適応障害といろんな種類があります。もし、自分は病気なのではないかと疑う症状を感じるのであれば、病院で診てもらうことで治療を受けることができます。そのときの病院選びも大切なことになります。

詳しく見る

ナース

傷つきやすい人ほど

鬱病の発症要因というのは、いろいろな仮説があります。後天的に形成された、性格というのもその一つです。実際に、症状が出ている人が近くにいる場合には、本人の話に耳を傾けたり、心に寄り添ったりすることで孤立を防ぐことが大事になります。

詳しく見る

診察

初診の流れを見てみよう

初診時の一般的な鬱病治療の流れは、病院へ予約を入れ、当日は受付で手続きを行ってから診察を受け、次回の予約や会計を済ませてから帰ります。鬱病を悪化させないためにも糖質の取り過ぎには気を付け、不眠症状がある時は一刻も早く精神科を受診しましょう。

詳しく見る

男性

負担を軽くする

鬱の症状は、メンタル面や体に徐々に現れるようになります。精神科などを活用することにより、不調を軽くすることができるだけでなく、看病する側の苦労や、疲労感までが解消できる方法になります。まずは、専門医に相談することから始めましょう。

詳しく見る

人気記事

レディ

同じ病気でも違う病状

鬱病は抑鬱、双極性障害、適応障害といろんな種類があります。もし、自分は病気なのではないかと疑う症状を感じるのであれば、病院で診てもらうことで治療を受けることができます。そのときの病院選びも大切なことになります。

詳しく見る

ナース

傷つきやすい人ほど

鬱病の発症要因というのは、いろいろな仮説があります。後天的に形成された、性格というのもその一つです。実際に、症状が出ている人が近くにいる場合には、本人の話に耳を傾けたり、心に寄り添ったりすることで孤立を防ぐことが大事になります。

詳しく見る

診察

初診の流れを見てみよう

初診時の一般的な鬱病治療の流れは、病院へ予約を入れ、当日は受付で手続きを行ってから診察を受け、次回の予約や会計を済ませてから帰ります。鬱病を悪化させないためにも糖質の取り過ぎには気を付け、不眠症状がある時は一刻も早く精神科を受診しましょう。

詳しく見る